S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
日記か
ええ歌や
東日本大震災
こんな話
散歩の途中
お気に入りのモノ
考えごと
生き物がかり
きみの名は雑草
かわいい
映画の話
チラシの話
読書感想文
未分類
ニュース
以前の記事
2018年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 02月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:考えごと( 5 )
アリえないセミ
「ダーウィンが来た!」っていうTVの番組をたまたま観ていて、
南米コスタリカのツノゼミの紹介をしていた。

先ず画面に映ってたのがコレ。



c0190914_1165740.jpg



バラノトゲツノゼミ。
そりゃ、カブト虫だってこんなツノを持ったやつがいるけど、
色といいこの反り具合といい…バラのトゲになりきってる!
だいたいサイズからしてバラのトゲなんだもん。ちっちゃい!
それにしてもこのスタイル! このセミ、欲しい〜!!

その次に出てきたのがコレ。
左がムシノフンツノゼミ、右がイモムシのフン。
……う〜む……。色といい艶といい…。



c0190914_11255162.jpg



それにしてもいくら南米のチョウチョが大きいからといっても
フンなんてせいぜい5ミリ以下でしょ。
こんなにちっちゃなセミがいるのにも驚いた。
で、こんな形で飛べるのかと思いきや、
クルクルとでんぐり返りをしながら飛んだ!
いや、飛んだっていうか何というか…
水泳でいうと、手足をバタバタやってて、一応溺れてはいない…みたいな。

で、極めつけはコレ。



c0190914_10572661.jpg



左がアリ。アリが攻撃の姿勢をとってるんだって。
で、右がそれを真似たセミ。
アリのお腹の部分に当たるのがセミの頭。
背中から羽の部分にかけてアリそのものに化けてる。
しかも擬態に不必要な部分は透明!お腹が透明!羽も透明!

生物学者は生存の為だとか何だとか理由をつけるんだろうけど、
何、このセミの遠い祖先はアリの攻撃する姿勢を見続けるうちに
「そうか、お腹の部分はこうなってるのか」
「なるほど、じゃあ触覚から下はいらないから透明にしておこうか」
なんて考えながら、長〜〜〜〜〜〜〜〜〜い年月をかけて
こんな形になったってこと?????
ここまで手の込んだ擬態をしなくても、木とか土とかでいいんじゃないの?

こうなったらダーウィンの進化論よりも
神さまが「こんなのも作ってみました〜!」って
有り余るヒマと想像力にまかせて「お作りになった」と考える方が自然じゃないのか?
[PR]
by jkoh | 2009-11-01 11:31 | 考えごと
臭い臭い
「くさいにおい」で変換すると「臭い臭い」になる。
くさいとにおいは同じ?!
息子と息が同じ漢字なのも不思議だったけど…。

「臭い」または「匂い」というのは物質だという話を以前にどこかで読んだ。
それ以来、何かのにおいがする時には、
そのにおいの元の物質のツブツブのちっちゃいのがいっぱい
今この辺りを漂ってるんだなぁ…と想像するようになった。

たまに本屋でトイレに入ると(僕は本屋に行くともよおす人)、
「たった今誰かが大きいのをしていきました」って時があって、
うっ!当たってしまった…
と思うんだけど仕方がない、俺もしたくて来たんだから。

臭いので自然となるべく息を吸わないようにしてしまって、
そうしてるとだんだん苦しくなってきて、
ついには大きく息を吸いたい衝動にかられる。

そこで鼻から息を吸うか、口から息を吸うかで迷ってしまう。

以前は口から息を吸えば臭わないのでいいと思ってたんだけど、
「においは物質」論を読んでからは、口でにおいを吸い込むと
何か粒子状のウンチを食べてしまうような気持になってしまって…、
鼻だとまだ鼻毛がフィルターの働きをしてくれていいような気がするんだけど
やっぱりその場合モロに臭いわけで…。

で、そうこうしてる間にトイレの個室の中はだんだんと
自分自身の臭いに包まれてきて、
それはそれでもちろん臭いし、ホヤホヤだからさらに臭いんだけど、
自分の臭いだからほっとするんだよね。

やがて俺の前の誰かの臭いが俺の臭いに完全に代わって…
「よしっ!勝った!」みたいな。

オスの本能かな。
[PR]
by jkoh | 2009-02-18 09:50 | 考えごと
かけネコ
わが家のレオ君。

年中ひっかける。
あっちにもこっちにもひっかける。

マーキングだかなんだか知らないけど、
カーテンにかける。洗ったらすぐまたかける。
ゴミ袋にかける。テレビのコードにかける。
カバンにかける。物置の奥でかける。まくらにかける。
かける。かける。

そのたびにぞうきんで拭きまくる。

おかげで家中が「そんな」臭いが染みついている感じ。
もうネコを飼って20年以上になるけど、この臭いには慣れない。

ネコを飼うならメスだな。


c0190914_1101918.jpg
[PR]
by jkoh | 2009-02-05 11:02 | 考えごと
極意
「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく」
と、井上ひさしの言葉にある、と俵万智が朝日新聞に書いていた。

文章を書く人間や、僕のようにデザインを職業にする人間に限らず、
何かを人に伝える時の「極意」とも受け取れる言葉だなあと思いながら読んだ。

先の文章を短くすれば、「むずかしいことをおもしろく」 になる。
が、なんでも端折ってはいけない。間の「ふかく」の部分が大事。
一度深くまで掘って潜って、その上で話が「おもしろく」なるんだろう。

それにしても最後は「おもしろく」。
つまり、人間は何よりも「おもしろい」ものが好きということか。

「おもしろい」=「愉快である」や「興味深い」や「滑稽である」と、いろいろとれる。
または「ユーモア」や「風刺」ととることもできるね。

フムフム…なるほど…フフフ…と、そんな人になれたらいいな。
[PR]
by jkoh | 2009-01-29 07:57 | 考えごと
シンプルが一番
今日はオバマ大統領の就任演説があるということで、朝日新聞の天声人語欄にアメリカの歴代大統領の就任演説の話が載ってた。
リンカーン大統領の有名な「人民の人民による…」の演説はとてもすばらしく、そして短い。わずか272ワード。時間にしてたったの3分だったそうだ。
大統領の就任演説がわずか3分!
そしてその内容はいまでも人々の記憶にしっかりと刻まれている。
「1時間の演説なら今すぐにでも出来るが、10分の演説だと1週間かけて準備をしなくては…」と言ったのはどの大統領だったか…。

そうなんだよ〜。
昔からいいポスターデザインは、ビジュアルとキャッチコピーいっぱつ!
いいロゴマークはシンプル、単色!

文章もデザインも、複雑なものよりも、シンプルなものの方がいつまでも記憶に残る。
…もちろん、内容がすぐれていてこそ、だけどね。
[PR]
by jkoh | 2009-01-20 14:22 | 考えごと