S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
日記か
ええ歌や
東日本大震災
こんな話
散歩の途中
お気に入りのモノ
考えごと
生き物がかり
きみの名は雑草
かわいい
映画の話
チラシの話
読書感想文
未分類
ニュース
以前の記事
2018年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 02月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧
終わりのない話
こんな話を何かで読んだ。


A地点に立つ男が弓を放つ・・・・・→・・・B地点にある的に向けて矢は飛んでいく

矢が2分の1の距離まで到達すると、残りの距離は2分の1。

さらに矢が飛び続けて2分の1の距離の半分まで飛ぶ。

そうすると残りは4分の1だ。

さらにその半分の距離まで飛ぶと残りは8分の1…さらに…16分の1…32分の1…

・・・・・・・・・・→

こうして男の放った矢が的に到達するまでの距離は限りなく0に近づく…。


c0190914_10144223.jpg




が、「限りなく近い」のであって、
いつまでたっても「●●分の1」から逃れられない。
つまり永遠に的に当たらないことになる。

男の放った矢は、「無限に小さな距離」という宇宙をさまようことになる。
男は永遠の時を待つことになる。


実際には矢は数秒後には的に当たるだろう。
ではこの最後の最後の2分の1の距離を超える瞬間には
いったい何が起こっているのだろう?

数学ってロマンチック。
[PR]
by jkoh | 2009-01-30 10:47 | こんな話
愛の表示
先週末、仕事場にチューリップの花束が届いた。
砺波の産地からの直送便だ。
一升瓶が入っているような箱で、20本ほどかな。

添えられたカードには「もうすぐ春ですね」
もう一枚の花言葉を印刷した砺波切り花研究会のカードには
チューリップの花言葉として
赤=愛の告白、黄=愛の表示、紫=永遠の愛情…
こ、これは…もしかして愛の花束!!?

送り主の彼女は最近うつ病で薬を飲んでる。
曰く、薬を飲み始めてからなんだか優しい気分になった。
いままでめんどくさかった子どもが愛おしくてならない。
うつになってからなんだか幸せ…。

それにしても、まさかの花束。
「愛の表示」はこんなにみごとに全身でアピールしてくれてる。
もはやチューリップを超えた別のもののよう…。
彼女らしい、大きくてあけっぴろげな愛か?!
春が待ち遠しいね、ありがとう!


c0190914_1037525.jpg
[PR]
by jkoh | 2009-01-29 10:50 | 日記か
極意
「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく」
と、井上ひさしの言葉にある、と俵万智が朝日新聞に書いていた。

文章を書く人間や、僕のようにデザインを職業にする人間に限らず、
何かを人に伝える時の「極意」とも受け取れる言葉だなあと思いながら読んだ。

先の文章を短くすれば、「むずかしいことをおもしろく」 になる。
が、なんでも端折ってはいけない。間の「ふかく」の部分が大事。
一度深くまで掘って潜って、その上で話が「おもしろく」なるんだろう。

それにしても最後は「おもしろく」。
つまり、人間は何よりも「おもしろい」ものが好きということか。

「おもしろい」=「愉快である」や「興味深い」や「滑稽である」と、いろいろとれる。
または「ユーモア」や「風刺」ととることもできるね。

フムフム…なるほど…フフフ…と、そんな人になれたらいいな。
[PR]
by jkoh | 2009-01-29 07:57 | 考えごと
冬の日溜まり
朝からいい天気!
今日のような天気のいい冬の日はガラスの中が最高!
窓際とか、車の中とか。
身体がぽかぽかして、でも外の空気は(たぶん)冷え冷えでしゃきっとしてて…。

たまごの中のひよこの気分…。

仕事場の窓際でめだかを飼い始めてもう5年ほどになる。
日溜まりでキラキラと輝く水面を見てるだけでも楽しいね。

時々ここに寝ころんで水槽に顔をくっつけるようにしてめだかの観察。
近眼なので眼鏡をはずして至近距離で見るめだかの世界。

カワニナのくちがパクパク動く様子や、ヤマトヌマエビのYの字のようなちっちゃい手がせわしなく動いて藻を食べている様子、
水草からはこれまたちっちゃな泡がプクプクプクプク…。*。*。*。*。*。
いつまで見てても飽きない…自分もちっちゃくなって水中散歩してるみたい。

めだかもずいぶん増えたけど、エビが大量に孵ったのにはびっくりした。
ペットショップの人は「このエビは真水と海水が混ざるところでしか増えないので、
家庭の水槽では無理です」って言ってたのに、
気がつくと無数の小さなエビが..Y..Y..Y..Y..Y..Y..Y..Y..Y..Y..Y..Y..Y..

萩浦保育園に里子に出した僕のめだかとエビたちは元気かなあ…。
一緒にいるドジョウにいじめられてないかなあ…、とちょっと心配。
また様子を見に行きま〜す!


c0190914_9522956.jpg


↓↓黒いのはカワニナ君です。「あ、どうも…」…みたいな。


c0190914_1093673.jpg
[PR]
by jkoh | 2009-01-28 09:57 | 日記か
春休み♪
春休みのロッカー室に
忘れたものを取りに行った
ひっそりとした長い廊下を
歩いていたら泣きたくなった

目立たなかった私となんて
交わしたことば数えるほど
アルファベットの名前順さえ
あなたはひどく離れてた

もしも出来ることなら この場所に同じ時間に
ずっとずっとうずくまっていたい

もうすぐ別の道を歩き、思い出してもくれないの
たまに電車で目と目があっても
もう制服じゃない ♪


荒井由美の春休みという曲。
僕はこの曲がずっと好きだ。
聴く度に、レコードの針を戻すように
十代の頃を振りかえる時の切なさがくり返される。

僕の通った高校は数年前に校舎が老朽化の為に建て替えられた。
なのでこの歌のように昔の教室に戻ることはできない。
スチールパイプのガタつく机も、
ステッカーやらくがきだらけのロッカー室も…。

Only the memory last.
最後に残るのは思い出だけ。

どこかで拾ったこの言葉が今の僕の座右の銘。
[PR]
by jkoh | 2009-01-27 12:31 | ええ歌や
朝青龍
横綱の朝青龍の優勝インタビューを読んだ。

床山「日本のお父さん」と一緒にオープンカーで「約束」のパレードの写真。
「俺だけだよ、最初から優勝するって言ってたのは!」とお父さんに報告したそうだ。

いい! いいコメントだなあ〜! 涙が出そうになった。
お客さんやファンやマスコミなんて全然気にしていない、
床山のお父さんだけに向けたよろこびに溢れた言葉だ。

「ファンの皆さんのお陰です」とか「一番一番、精一杯取るだけです」とか
そんな、かつての貴ノ花のような白けたコメントとは大違い。

最近は相撲は観て無くて、もっぱら新聞で結果を見るだけで、
朝青龍の相撲も観たことがないんだけど、
いっぺんでこの横綱が好きになった。
[PR]
by jkoh | 2009-01-26 10:40 | 日記か
朝の報告会
昨日は久しぶりに降った、どかっと。
でも今日はまた朝から日が照ってるから、このまま午後には溶けてしまうかも。
やっぱ少ないなあ…。 地球は暖かくなってるんだろうなあ…。

十数年前に富山に越してきた時の冬が一番雪が多かった。
家の軒にカリブの海賊のサーベルのような巨大な氷柱が降りた。
測ったわけではないが、1メートル近くあった。
それから比べると今朝トイレの窓から見えた氷柱は半分ぐらいの長さかな。
かわいいもんだ。
この分だと今年も車庫の屋根の雪おろしはしなくていいかも。

健康診断の時以来すっきりしなかったお腹が、ようやく調子を取り戻してきたみたい。
昨日は久しぶりに「本格的」なのが出た。すっきり!!幸せ!
その話を今朝の朝食時にしたら中3の娘(最近便秘でしばらく薬を飲んでる)が「私も昨日下痢だったけどいっぱい出てすっきりした!」と時ならぬウンチの報告会。

地球は危機なのに、わが家は平和だ…。
[PR]
by jkoh | 2009-01-25 10:57 | 日記か
大腸と身長
大腸の再検査を受けるべく、市民病院に行ってきた。
内科。
先日も健康診断で測ったばかりなのに、身長と体重と血圧を測った。
血圧ってことあるごとに測るなあ。よっぽど大切なことなんだろう。
93/55

で、その前に初診ということで簡単な問診表に記入する欄があって、
そこにも身長と体重の欄があったので記入したんだけど、
先日測った身長は174.5センチ。体重は62.5キロ。
なんか問診表に小数点以下まで書くのもなあ…と思って。
身長の欄には一瞬迷って、175センチ。
体重の欄には、62キロ。と記入した。
こんなところでちょっとでも身長は高めに、体重は軽めに書いてしまった自分に
なんだかなあ、と思ってしまう。

大腸癌の疑いがあるので、カメラで腸内を検査します。
ちょっと混んでて、1ヶ月後しか予約が取れません。
「ま、検査が遅れたから手遅れです、ってことにはならないでしょうから(笑)」
と、先生。「手遅れ」の不吉なひびきと「…でしょうから」という曖昧な保障。
ま、仕方がないので、2月の終わりに予約を入れる。

血液を採ります。というので採らせてあげた。
試験管のようなガラス容器に「ピュ〜ッ!」と勢いよく出る僕の血。
「よく出ますね〜」というと、「真空ですからねぇ」と言われ、ちょっと意味がわからなかったけど、ハァ…。


大腸カメラの予約をして駐車場に向かって歩いていると、前を歩く夫婦の話が耳に入ってきた。「大腸癌」「転移」「リンパ」「あんたは運がよかった」

そんな会話のかけらを聞きながら、検査当日の2リットルの下剤のことを考えていた。
[PR]
by jkoh | 2009-01-23 10:59 | 日記か
シンプルが一番
今日はオバマ大統領の就任演説があるということで、朝日新聞の天声人語欄にアメリカの歴代大統領の就任演説の話が載ってた。
リンカーン大統領の有名な「人民の人民による…」の演説はとてもすばらしく、そして短い。わずか272ワード。時間にしてたったの3分だったそうだ。
大統領の就任演説がわずか3分!
そしてその内容はいまでも人々の記憶にしっかりと刻まれている。
「1時間の演説なら今すぐにでも出来るが、10分の演説だと1週間かけて準備をしなくては…」と言ったのはどの大統領だったか…。

そうなんだよ〜。
昔からいいポスターデザインは、ビジュアルとキャッチコピーいっぱつ!
いいロゴマークはシンプル、単色!

文章もデザインも、複雑なものよりも、シンプルなものの方がいつまでも記憶に残る。
…もちろん、内容がすぐれていてこそ、だけどね。
[PR]
by jkoh | 2009-01-20 14:22 | 考えごと
健康診断
生まれて初めて健康診断に行って来た。有名なバリウム飲んだ!
バニラ味。冷やせばロッテリアのシェイクよりは美味しいかも。
しかしその後が大変。そもそも何日も前から便秘だったこともあってか、下剤を飲んだにも関わらず…出ない。
下剤をくれる時に先生が笑いながら「バリウムが固まっちゃったら大変だからね!」って…。「大変だからね!」…。「大変」って、もしかして一生●●●が出ないとか…?!それは本当に「大変」!!!!
イチジク浣腸を2本使って七転八倒の末少量の●●●が…。でも「出たあ〜」って感じとはほど遠い「残便感(?)」。第一「白い●●●」ってのが出るはずじゃないの???って、「白」が出るまでは、と踏ん張ったけど…。
次の日検査した病院に相談したら「少しでも出たのなら大丈夫ですよ」って小池百合子に似た先生に言われてなんとなく安心して帰ってきた。
肝心の健康診断の結果は「便に潜血」…。大腸がんの可能性も!
う〜ん、ついにこの時が来たか…。
[PR]
by jkoh | 2009-01-18 11:31 | 日記か