S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
日記か
ええ歌や
東日本大震災
こんな話
散歩の途中
お気に入りのモノ
考えごと
生き物がかり
きみの名は雑草
かわいい
映画の話
チラシの話
読書感想文
未分類
ニュース
以前の記事
2018年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 02月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
梅が咲いた
なんか、毎日しんどい話ばかりを聞いたり話したりして
少し気が滅入ってたので、気づかなかったけど、
会社の庭の梅が咲いていました。
去年は毛虫にやられて丸坊主になってしまったけど、
こうしてまた元気に花をつけた。

被災地もかならず復旧する。

原発の事故さえなければと、思うばかり。


c0190914_1215488.jpg
[PR]
by jkoh | 2011-03-30 12:14
石巻へ再び
先週末、再び被災地の宮城県石巻市へ行ってきました。
今回は炊き出しです。

前回訪れた湊地区で一回目の炊き出しと物資の支給を行い、
その後、そこから車で5分ほどの黄金浜地区で二回目の炊き出しと物資の支給を行いました。

今回は僕の娘をはじめ、6人の若者も同行し、みんなよく働きました。
湊地区に降りたとたんに鼻を突く魚の臭いもすぐに慣れ、
二回目の炊き出しを終えた頃には、爽やかな気分にすらなっていたように思います。
長距離を走り終えた時のような。

あったかい豚汁を食べた人は、被災後初めてあったかい物を口にしたという人がほとんど。
鍋に入れて家族の分も持って帰ってもらいました。
鍋を持っていない人も大勢いました。次回は鍋も持っていきます。
灯油も持って行ったのに、石油ストーブが無い人ばかりで役に立ちませんでした。

靴も、靴下も、電池も、ロウソクも、下着も…
最初の内はどんどん配るんだけど、だんだん残りが少なくなってくる…。

鍋に豚汁を入れて一人で帰ったおばあさん。
一人暮らしなのかなぁ。
家に行って様子をみてあげればよかった…。
子どももたくさんいたのに、もっと子どもの喜ぶものを、
何でもいい、風船でもぬいぐるみでも、もっと持ってくればよかった…。
いろんな後悔を今回も持って帰りました。

前回会った人達何人かに再会を果たし、「被災者」から「知人」へ。
次回行った時には「友人」とお互いに呼べるようになれたらいいな、と思います。




c0190914_21211243.jpg


c0190914_21213965.jpg


c0190914_2122065.jpg


c0190914_21221981.jpg


c0190914_21224586.jpg



↓僕たち富山の小さなボランティア活動のブログをアップしました。
http://ngoaky.exblog.jp/
[PR]
by jkoh | 2011-03-28 21:17 | 東日本大震災
被災地へ
NGOアジア子どもの夢の川渕さんが被災地に行くというので、同行してきました。

中部観光の中型バス1台に服や靴、おむつなどを積み込み、新潟→山形経由で宮城県石巻市へ。
19日(土)夜7時に富山を出発。石巻に着いたのは20日(日)の朝3時。
真っ暗な街。道路からはきれいに瓦礫がどけられていて、ゴミひとつ落ちていない。

港の近くの道路脇にバスを停め、外の様子を見ようとドアを開けたとたん
腐った魚の臭いが車内に入ってきて、思わず袖で鼻を覆う。
バスの階段を下り、一歩外に踏み出すとすぐ足下にカツオが一尾、
驚いたような目を開けて転がっていました。

しばらく車内で休憩。やがて夜が明け、みんなで外に出てみる。
震災当初から何度も何度もくり返しテレビで見てきた風景がそこにありました。


c0190914_21382234.jpg


崩壊した街で住んでいるおじさん


c0190914_21384617.jpg


ブルーシートにくるまれたまま路上に放置された遺体を自衛隊が集めていた


c0190914_21485672.jpg


商店街を埋める真っ黒な泥


c0190914_2142012.jpg


支援物資を配る


c0190914_21424179.jpg


中学を卒業したばかりの少年


c0190914_21433115.jpg


店の前をきれいに掃除するおじさん

一度には書ききれないので、続きます…
[PR]
by jkoh | 2011-03-22 21:37
サクラサク
下の娘の高校の合格発表が今日ありました。

昨日からお腹が痛いとかいってしょっちゅうトイレに入ってたのは
発表の日が迫ってくることへのストレスからだったみたい。
発表は午後からなので、午前中は仕事場に一緒に来て、
横で本を読んでたんだけど、時間が迫るにつれ、
お腹が痛い…、熱もあるかも…とかいってトイレに入ってた。

時間が来て車で高校へ向かう間も、
「あ〜〜〜」とか「う〜〜〜〜」とか
「お父さん見てきて〜@へ@;;;」とか、わめく娘。

「結果はどうであれ、やるだけやったんだから悔いはないだろ」とか
「ここがダメでも、高校に行けないってわけじゃないんだから」とか
全然勇気づけることができない父でした…。
とにかく寒かったんで足早になる父の腕をひっぱる娘。
「もっとゆっくり歩いて〜〜〜〜」って。
途中ですれ違う子の顔をみて
「あ〜、あの子は絶対合格したな」とか
「…うぅぅう、あの子、落ちたみたいだねぇ…」とかつぶやきながら。

意外と小さな掲示板の真ん中あたり、一番下に
受験番号「327」。ちゃんとありました。
さっそくママとお姉ちゃんに電話する娘。
ママ「キャァ〜〜〜〜!!!!やったぁ〜〜〜〜!!!ギャァァアアアアア!!」
って、電話機のスピーカーがビシビシいってました。
姉も「キャァ〜〜〜〜!!!!やったぁ〜〜〜〜!!!ウォォオオオオオオオ!!」
みたいな。声も反応もまったく同じでした。

で、これから「ナルニア国物語」観に行くそうです。
よかったね。
[PR]
by jkoh | 2011-03-16 16:31 | 日記か
M9
金曜日の地震をラジオの緊急地震警報で知り、
携帯のテレビをずっと見ながら仕事をしてた。
小さな画面に、津波に飲み込まれていく車や漁船、
そして海辺の町が水没していく様子が、
見慣れたパニック映画のひとコマのように流れていた。
自然の力の前に為す術もない。
何万人が亡くなったのか。


c0190914_11181848.jpg



地震による衝撃波が東北地方から太平洋に拡がる様子
左上の水色の部分が日本[BBC提供]


民法もNHKも同じ内容でニュースを流してるけど、
A局は子どもたちがおかれている状況を集中的に取材する
B局は年寄りと病院の様子を、
C局は避難している人の生活に役立つ情報と安否確認、
という風に「手分け」は出来ないものかと思う。
そうすればもっと多くの情報を提供できるのに。

福島の原発がヤバイ状況で、万が一メルトダウンとなると
福島に原爆が落ちたような事になるわけで…。
その話を中3の娘にしたら恐いといって泣き出した。
そうなんだ、本当は泣き出すほどに恐い話なんだと思い知る。

テレビの大人は「相当に危険な状況ですね」と話し合ってるけど、
本当にどうしようもない状況になってもおそらくは
「ああ、もうどうしようもないですね」と冷静に死んでいくのだろう。
悲しき文明人だなぁ。

東京は計画停電に踏み切るようだけど、
この際今後継続して計画停電をすればいいんじゃない?

そもそも現在のように望めばいくらでも電力を使える状況がどうなのか。
みんなが望むだけの電力を確保する目的で原発のような恐いものが全国にあるのだから。
「一世帯につき何キロワットまで」とやっちゃえばいいんだよ。

強制的に電気を止められるとなって今更ながらに思うのは、
現代社会は電気と石油で成り立っているということ。

電気が止まればデザインの仕事も
パソコンを捨ててレイアウト用紙と鉛筆に戻るしかない。
それもいいかなと思ってみる。
[PR]
by jkoh | 2011-03-14 10:43
諦めない
昨日は吹雪みたいな、なんだか心の中までさぶ〜くなるような天気だったけど、
今日は昼前から青空が広がり、さわやかな一日でした。

さて、わが末娘の高校受験が今日終わりました。
数日前から熱出したり咳き込んだり、涙もろくなったりでちょっと心配したけど、
一応、「無事」に試験を終えてきたようです。

本人曰く…「落ちた!」
いや、まあ、ねえ…。
発表があるまではわからんし…。
でも「難しかったけど、最後まで諦めなかったよ!」って。
エライ!!!エライ!エライ!エライ〜〜〜!!!
なんか涙出そうになりました。
行きたいと思った高校。レベルは高かったけど、頑張って挑戦した。
そして、最後まで諦めずにやり遂げた。

うん、うん。。
子どもはいつの間にか成長するもんだねぇ…。
[PR]
by jkoh | 2011-03-10 17:42 | 日記か
プリン
生まれて初めてプリンを自分で作りました。

6カップ分ね。

タマゴ4個
牛乳500cc
砂糖70g
バニラエッセンス少々

カラメルは砂糖70g

以上!
なんとシンプルな材料なんでしょう!


c0190914_20395364.jpg



美味そうでしょ!?(^・^)

混ぜて混ぜて、茶こしで漉して、終わりだもんね。
で、カラメルソース作って、
さあ焼くぞ! 160℃!って
オーブンってすぐには160℃にならないのね…。
予熱、なんて知らないし!

で、これに生クリームをどばっとかけて、
苺にバナナでしょ。最高ですね。満足満足。


c0190914_204073.jpg


娘も満足!
[PR]
by jkoh | 2011-03-03 20:39